【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

WWFの活動活動トピック
生物多様性条約

活動トピック一覧

生物多様性条約の最新トピック

2017/4/19

【シリーズ】改正!種の保存法(3)象牙、そして海外の野生生物をめぐる課題

希少な野生生物を守る日本の法律「種(しゅ)の保存法(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)」。その対象には、日本に生息する野生生物だけでなく、日本が輸入や消費をすることでかかわっている、海外の希少な野生生物も含まれます。現在、その改正案が国会で審議されている「種の保存法」は、今後どう変...続きを読む

2017/4/05

【シリーズ】改正!種の保存法(2)問い直される動物園・水族館をめぐる新制度

日本に生息する、また日本がかかわっている希少な野生生物を守る法律「種の保存法(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)」。2017年2月、環境省によるその法改正案が閣議決定されました。「種の保存法」はどう変わるのか。日本の自然保護の課題がどう改善され、また何が課題として残されているのかを...続きを読む

2017/3/28

【シリーズ】改正!種の保存法(1)生物の捕獲・採取をめぐって

国内の希少な野生生物、そして日本がかかわる国際的な絶滅危機種を保全する法律の一つ、「種の保存法(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)」。その改正案が2017年2月28日、閣議決定されました。今回の改正は、前回2013年の法改正での決議を受け行なわれたもので、評価すべき点がいくつか見受...続きを読む

2014/11/11

生物多様性条約会議(CBD・COP12)に関するWWFの声明

2014年10月6日から17日まで、韓国・平昌で「生物多様性条約」の第12回締約国会議(CBD・COP12)が開催されました。162の締約国と市民団体の関係者など約3,000人が参加した今回の会議では、生態系の保全に向けた各国の国家戦略の実行、持続可能な開発目標、自然保護や自然回復をめざす取り組みを...続きを読む

2014/3/25

研究集会「絶滅危惧種保全研究会」を開催

絶滅の危機にある野生生物を保全する、日本の重要な法律の一つに「種の保存法」があります。この法律は2013年に改正された際に、「国内希少野生動植物種を、2020年までに300種新規指定する」といった意欲的な附帯決議が付けられました。これらの項目をいかに実現するのか?関心を寄せる方々とともに考える研究集...続きを読む

2013/6/27

「種の保存法」改正までのNGOの働き

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(以下、種の保存法)の一部を改正する法律が、2013年6月4日の衆議院本会議で可決成立しました。WWFジャパンをはじめとするNGOは抜本的改正を求めていましたが、法律そのものは小幅な改正にとどまりました。しかし、参議院、衆議院の両方で11項目にお...続きを読む

2013/1/30

「絶滅のおそれのある野生生物の保全につき今後講ずべき措置」に意見を提出

絶滅のおそれのある野生生物を保全するために、国は「種の保存法」(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)を制定しています。1992年に成立した同法は、20年以上が経過し、時代の求めに合わない法律となりつつあります。かねてよりWWFジャパンはトラフィック イーストアジア ジャパンとともに、...続きを読む

2012/10/08

生物多様性条約第11回締約国会議(COP11)がインドで開会

2012年10月8日、生物多様性条約第11回締約国会議(COP11)が、インド中南部のハイデラバードで始まりました。10月19日までの12日間、190カ国以上が参加して、地球資源の持続可能な利用を目的に締結された「生物多様性条約(CBD)」の実行について議論をおこないます。開会に際し、WWFは各国の...続きを読む

2012/7/24

生物多様性国家戦略の改定作業と愛知目標

日本の生物多様性の保全に関わる施策をまとめた「生物多様性国家戦略」。1995年に初めて策定され、これまでに3度改定されてきました。そして現在、4度目の改定作業が、環境省の中央環境審議会で進められています。今回の改定のポイントは、生物多様性国家戦略が、「愛知目標」という2010年に採択された世界目標と...続きを読む

2012/7/13

日本の生物多様性を守ろう!「種の保存法」の抜本改正を

2012年7月13日、WWFジャパンは環境大臣宛てに、「種の保存法」の抜本改正を求める要望書を提出しました。これは、生物多様性の保全を担う重要な法制度の一つですが、過去20年間、実質的な法改正が行なわれてこなかったため、拡大しつつある環境問題に対応しきれない、古い内容になっています。WWFでは今回の...続きを読む

2012/6/20

「リオ+20」の成功を求めて

2012年6月20日、ブラジル・リオデジャネイロで「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」が始まります。持続可能かつ公平な未来を保障する、国際的な合意の場として注目されるこの会議で、各国の首脳たちは何をめざし、約束するのか。世界の注目が集まります。WWFもここに参加する指導者たちに対し、地球環境の未...続きを読む

2012/6/02

「リオ+20」の成功を!野田首相に要望

2012年6月20日から、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで、国連持続可能な開発会議「リオ+20」が開催されます。WWFはニューヨークでの事前会議に先立ち、世界各国の首脳に対して、政治のリーダーシップを発揮し、会議を成功に導くよう求める文書を送付。日本の野田総理大臣にも要望書を送りました。 開催まで1...続きを読む

2012/5/29

日本の海の生物多様性をどう守る? フォーラムを開催

日本の生物多様性を保全するための要ともいうべき、「生物多様性国家戦略」の改訂作業が現在、環境省に設けられた中央環境審議会の生物多様性国家戦略小委員会で進められています。2012年5月19日、WWFジャパンなど3つの環境団体は、日本の海の現状について考えるフォーラムを都内で開催しました。これは、新しい...続きを読む

2012/1/23

「リオ+20」の成果文書素案(ゼロドラフト)への懸念

2012年6月、ブラジルのリオデジャネイロにおいて、「国連持続可能な開発会議(通称リオ+20)」が開催されます。1月10日、リオ+20事務局は、各国政府やその他団体などからの提案をもとに、会議の基礎となる成果文書素案(ゼロドラフト)を発表しました。WWFはこの内容の一部に対し、水環境の保全をはじめと...続きを読む

2011/12/27

リオ+20に向けた「石川宣言」

2011年12月17日と18日に石川県金沢市で開催された「国連生物多様性の10年 キックオフ・イベント」で、「リオ+20と生物多様性に関する石川宣言」が発表されました。「リオ+20」とは、1992年の「地球サミット」からちょうど20年目にあたる2012年に、ブラジルのリオ・デジャネイロで行なわれる予...続きを読む

2011/2/17

海洋生物多様性保全戦略の策定にむけて

今、世界中で海洋の生物多様性の現状が悪化していると指摘されています。海に囲まれた日本にとっても、これは非常に大きな問題です。この問題への対処の一環として、環境省では現在、2007年に制定された「海洋基本法」と「海洋基本計画」、および2010年3月に改訂された「生物多様性国家戦略」に基づき、「海洋生物...続きを読む

2010/11/08

生物多様性条約第10回締約国会議(CBD・COP10)を終えて

愛知県名古屋市で開かれていた、生物多様性条約第10回締約国会議(CBD・COP10)は、2010年10月30日未明にすべての討議を終え、最後の全体会議で3つの決議を採択して幕を閉じました。最終的に締約国すべてが合意して、ABS議定書(名古屋議定書)、新戦略計画(2020年目標)、そしてそれを達成する...続きを読む

2010/10/27

COP10でトラ保護に関するサイドイベントを開催

名古屋での生物多様性条約締約国会議(CBD・COP10)で、その成立が目標とされている「新戦略計画」には、「絶滅危惧種の絶滅を防ぐ」という項目があります。生物多様性の基礎となっている、動物や植物などのさまざまな種(しゅ)の保全の重要性をうたったものです。WWFではCOP10の本会議場内で、このテーマ...続きを読む

2010/10/26

アマゾンの新種 10年で1,200種発見!CBD・COP10で発表

南米のアマゾンで、2009年までの10年間に、新たに新種として確認された野生生物の数は、およそ1,200種! 生物多様性条約の締約国会議(CBD・COP10)が開かれている名古屋で、WWFは新たな報告書を発表し、生物多様性の宝庫アマゾンにおける、驚くべき新種発見の事実を発表しました。アマゾンでは過去...続きを読む

2010/10/25

「千人太鼓」開催!届けCOP10へのメッセージ

2010年10月18日から本会議が始まったCBD・COP10は、早くも最初の1週間が終了。二週目からはいよいよ、各国の首脳級が名古屋入りし、これまで論議されてきた案件が「決議」に持ち込まれ、会議の成功が問われる正念場となります。10月24日、会議の前半に合わせて、現地で市民参加型のイベント「千人太鼓...続きを読む