【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

WWFの活動活動トピック
マグロについて

活動トピック一覧

マグロについての最新トピック

2017/11/13

大西洋クロマグロの大幅な漁獲枠引き上げに警告

2017年11月14日から22日まで、モロッコ・マラケシュにて、大西洋のクロマグロ資源の管理機関であるICCATの第25回年次会合が開催されます。今回の会議では、10月に科学委員会が「2015年の総漁獲枠から倍以上の増枠が可能」と報告したことを受け、大幅な総漁獲枠の引き上げが議論される見込みです。一...続きを読む

2017/9/01

WCPFC 北小委員会が閉幕 太平洋クロマグロの回復目標と漁獲戦略が争点に

2017年8月28日~9月1日、韓国の釜山で、WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)の第13回北小委員会会合と第2回IATTC-北小委員会太平洋クロマグロ合同作業部会が開催されました。この会議では、資源量が初期資源量に対して「2.6%」まで激減しているとされる太平洋クロマグロ(本まぐろ)について、...続きを読む

2016/9/02

進展なきWCPFC北小委員会会合 太平洋クロマグロ漁業の一時停止も必要に

2016年9月2日、福岡で開会されていた中西部太平洋まぐろ類保存委員会(WCPFC)の北小委員会会合が閉幕しました。資源量が漁業開始前と比べ2.6%まで減少している太平洋クロマグロ(本まぐろ)の保全をめぐり、今回は初めて、全米熱帯マグロ類委員会(IATTC)との合同作業部会会合も開かれましたが、何も...続きを読む

2016/8/26

危機続く太平洋クロマグロ WCPFC北小委員会会合はじまる

2016年8月29日から福岡で中西部太平洋まぐろ類保存委員会(WCPFC)の北小委員会が開会されます。かつての2.6%まで資源が失われ、深刻な危機が指摘される太平洋クロマグロ(本まぐろ)について、今回は初めて、全米熱帯マグロ類委員会(IATTC)と合同で開催する会議も予定されています。漁業の継続が難...続きを読む

2016/6/24

厳しい漁業規制が求められる太平洋クロマグロ IATTC会合報告

東部太平洋のマグロ資源の管理について話し合う国際会合IATTC(全米熱帯マグロ類委員会)の第90回年次会合が、2016年6月27日、アメリカのカリフォルニア州ラホヤで始まります。この会合では特に、すでに96%の資源量が失われた太平洋クロマグロ(本まぐろ)の長期的な資源回復計画をめぐり、各国がどのよう...続きを読む

2016/6/11

インド洋のマグロの未来を問う IOTC(インド洋まぐろ類委員会)会合報告

インド洋のマグロ類(カツオ、マグロ(ミナミマグロを除く)、カジキ類)の資源管理について話し合う、国際的な会合「インド洋まぐろ類委員会(IOTC)」。その第20回会合が、2016年5月23日~27日まで、インド洋に浮かぶフランス領レユニオン島で開催されました。この会議の開催にあたり、WWFは海洋保全の...続きを読む

2015/12/11

中西部太平洋のマグロ資源をめぐって 2015年WCPFC年次総会終了

インドネシアのバリで開催されていた、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の年次総会が2015年12月8日、閉幕しました。この会議は中西部太平洋のマグロ・カツオ資源の保全を目的とした国際会議ですが、今回の会合では、漁業監視員の処遇やカツオの保全管理について一部改善がみられたものの、マグロ資源全体の...続きを読む

2015/12/03

太平洋のマグロとカツオの未来 2015年WCPFC会合はじまる

2015年12月3日から8日まで、インドネシアのバリで、WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)の第12回年次会合が開催されています。この会議は中西部太平洋で漁獲されるマグロ類の資源保護について、加盟する漁業関係各国が集まり、そのための施策を話し合うもの。しかし、2015年に開催されてきた一連のWC...続きを読む

2015/8/31

WCPFC北小委員会会合:問われる太平洋クロマグロの資源回復計画の行方

「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)」の第11回北小委員会の会合が、2015年8月31日から札幌で開催されます。この会合で、危機的な状態にある太平洋クロマグロの資源を保護するため、日本をはじめとする参加各国は、長期的な資源回復目標に合意することが求められています。これが成立しなかった場合、危機...続きを読む

2015/6/29

太平洋クロマグロの資源回復を!2015年IATTC会合

2015年6月29日から7月3日まで、南米エクアドルのグアヤキルで全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)の第89回年次会合が開催されます。資源量が96%も失われてしまった、太平洋クロマグロ(本まぐろ)については、長期的な資源の回復計画に着手できるかが注目されます。WWFはキハダやメバチについても、資源...続きを読む

2015/6/16

地中海のクロマグロを「持続可能なシーフード」に!

資源枯渇の危機が指摘されていた大西洋クロマグロ(本まぐろ)について、現在、資源回復の兆候が認められています。2009年には「3年後には産卵数がゼロになる」という可能性さえ指摘されていた大西洋クロマグロの回復は、その後の資源保護の取り組みが、確かな成果を挙げてきたことを示すものです。WWFでは、関係各...続きを読む

2014/12/01

WCPFC会議始まる:注目されるカツオの資源管理

2014年12月1日から、南太平洋のサモアでWCPFC(中西部太平洋マグロ類委員会)の第11回年次会合が開催されます。この会議での重要な課題は、太平洋クロマグロ資源の管理措置案が採択できるか。そして、今回初めて提案されるカツオの漁業管理措置についての合意の行方です。近年、日本近海での漁獲が減少してい...続きを読む

2014/11/21

ICCAT会合閉幕 地中海クロマグロの漁獲量増枠に懸念

イタリアで開催されていた第19回ICCAT(大西洋まぐろ類保存国際員会)年次会合が2014年11月17日に終了しました。今回の会合では、大西洋クロマグロ資源に近年回復の傾向が認められたことを受け、各国の漁獲枠を今後3年間に毎年20%ずつ増やすことが合意されました。しかし、トレーサビリティの改善はいま...続きを読む

2014/10/24

太平洋クロマグロの運命が決まる?混迷のIATTC会合

東部太平洋のマグロの資源管理にについて話し合うIATTC(全米熱帯マグロ類委員会)の臨時会合が、2014年10月26日、アメリカのカリフォルニア州ラホヤで始まります。前回、7月のリマ会合では、太平洋クロマグロ(本まぐろ)の漁獲枠削減と保全措置について、各国は合意に至らず議論は決裂。依然として、危機的...続きを読む

2014/8/29

WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)北小委員会会議始まる

今、中西部太平洋で指摘されている、マグロ類の資源枯渇。特に太平洋クロマグロ(本まぐろ)の資源量は、すでに96%が失われたとの報告があり、緊急の対応が必要とされています。この問題を解決するため、長期的な目標と科学的な根拠に基づいた資源回復計画を話し合う国際会議が、2014 年9 月1日から4 日まで福...続きを読む

2014/7/14

2014年 IATTC会合 96%減少した太平洋クロマグロの未来

南米ペルーのリマで、全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)の会合が始まりました。これまでに資源量が96%も減少したとみられている、太平洋クロマグロ(本まぐろ)資源が今後どうなるのか。保全のための漁業管理の早急な導入に、果たして参加各国は合意できるのか。日本がその8割以上を消費している太平洋クロマグロ。...続きを読む

2014/5/02

太平洋クロマグロの深刻な資源枯渇が明らかに

2014年4月、北太平洋のクロマグロ(本まぐろ)の資源量が、危機的な状況にある、という最新の報告が発表されました。これは、中西部太平洋のマグロ資源を管理する国際機関(WCPFC)に科学的情報を提供している北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)が発表したもので、資源量、回復の水準いずれも、歴史的な低...続きを読む

2013/12/25

日本のマグロ流通加工業者が持続可能な資源の調達方針を発表

2013年12月26日、マグロの流通加工をいとなむ日本の企業が、マグロ資源の持続可能な利用をめざすための、水産物調達方針を発表しました。マグロの世界最大の市場を有する日本で、企業がこうした調達方針を出したことは、枯渇が懸念される、日本近海を含めた中西部太平洋のマグロ資源を保全し、持続可能な形で利用し...続きを読む

2013/12/10

2013年 WCPFC報告:メバチの効果的な漁業管理の将来に懸念

2013年12月6日、オーストラリアで開かれていたWCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)の第10回年次総会が閉幕しました。今回の会議では、特に期待されていたメバチの資源管理について十分な合意と採択が、またもや実現せず、中西部太平洋のマグロ資源の未来について、深刻な懸念をのこす結果となりました。 メ...続きを読む

2013/12/02

どうする?増えすぎたマグロ漁船:2013年 WCPFC会合

2013年12月2日~6日、オーストラリアのケアンズで、WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)の年次会合が開催されます。主な議題は、日本が世界で最も多く消費している太平洋クロマグロや、資源の減少が著しいメバチなどの資源管理。とりわけ、過去に例を見ないほど増加してしまった、各国のマグロ漁船の数をどう...続きを読む