【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

WWFの活動活動トピック
企業との地球温暖化防止

活動トピック一覧

企業との地球温暖化防止の最新トピック

2017/6/23

気候変動対策No.1の小売業・卸売業関連企業は?「企業の温暖化対策ランキング」第4弾

2017年6月23日、WWFジャパンは、「企業の温暖化対策ランキング」プロジェクトにおける第4弾の報告書を発表しました。このプロジェクトは、政府レベルでの温暖化対策に停滞感が見られる中、企業の取り組みを後押しする目的で2014年に開始したものです。WWFジャパンの定めた基準をもとに、各企業の発行する...続きを読む

2017/5/29

ワンプラネット・シティチャレンジ発足!

2017年5月29日、自治体の温暖化対策の国際コンテストである「ワンプラネット・シティチャレンジ(OPCC)」への参加募集が日本でも開始されます。OPCCは、2011年よりWWFが国際的に展開している国際コンテスト。これまでに5大陸から21ヵ国328自治体が参加した実績があります。日本の自治体の先進...続きを読む

2016/4/12

気候変動対策No.1の食品関連企業は?「企業の温暖化対策ランキング」第3弾

2016年4月12日、WWFジャパンは、「企業の温暖化対策ランキング」プロジェクトにおける第3弾の報告書を発表しました。今回の調査対象となったのは「食料品」の業種に属する日本企業25社。第一位となったのは、キリンホールディングス(80点)で、日本たばこ産業(70点)、味の素(63点)がこれに続きまし...続きを読む

2015/10/14

2050年までのトヨタの地球温暖化対策を歓迎

干ばつ、豪雨、台風やハリケーンの大型化など、気候変動によると考えられる異常気象が世界各地で深刻な問題になっている中、産業界から地球温暖化の防止に向けた、積極的な動きが出始めています。2015年10月14日の「トヨタ環境フォーラム2015」ではトヨタ自動車が、2050年までの長期的な温暖化対策の目標を...続きを読む

2015/2/24

気候変動対策No.1の自動車メーカーは?「企業の温暖化対策ランキング」第二弾発表

猛暑や豪雨、台風の大型化... 今、世界中で気候変動にともなうと考えられる異常気象が深刻な問題になっています。日本政府は、2030年に向けた温室効果ガスの削減目標に向けた国際社会の動きに、大幅な遅れを取っていますが、一方で産業界では、自主的かつ積極的な動きが出始めています。WWFジャパンは2015年...続きを読む

2014/8/05

「企業の温暖化対策ランキング」第一弾を発表

猛暑、豪雨、台風の強大化、温暖化と共に深刻化するとみられる異常気象...2014年4月、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が発表した第5次評価報告書は、さらなる温暖化の進行と深刻な影響の予測を示しました。しかし日本では、京都議定書の第2約束期間には目標を掲げず、政府レベルの温暖化対策は停滞して...続きを読む

2013/6/03

日本初!風力エネルギーの環境ラベルWindMade認定企業が誕生

2013年6月3日、再生可能な自然エネルギーの環境ラベル「WindMade(ウィンドメイド)」の認定を、日本企業が初めて取得しました。WindMadeは、風力エネルギーを積極的に利用している企業や製品などを認定する世界初の環境ラベル。認定を取得したのは、愛媛県今治市の池内タオル株式会社です。WWFは...続きを読む

2012/9/27

Rio+20開催記念シンポジウム報告

リオ+20会議開催の2週間前にあたる2012年6月7日、WWFは、シンポジウム「地球一個分の企業経営」を開催しました。テーマは「グリーンエコノミー時代を生きる」です。東京にある国連大学「ウ・タント国際会議場」には、様々な業種から約300名の方々が参加し、地球の持つキャパシティを越えない範囲で経済活動...続きを読む

2010/3/28

世界125の国と地域が参加!「Earth Hour 2010」を実施

2010年3月27日、午後8時30分から9時30分まで、世界各地の町で、地球温暖化の防止を求める国際的なイベント「Earth Hour 2010(アースアワー2010)」が行なわれました。このイベントには125の国や地域から4,000以上の町が参加。さらに、世界的に名を知られた1,274のモニュメン...続きを読む