ご支援のお願い 野生ネコの王国

WWFの活動

活動トピック

小池百合子東京都知事、さかなクンらと東京スカイツリー®の消灯を イベント『EARTH HOUR 2018 @ TOKYO SKYTREE TOWN®』~地球とつながる1日を。3月24日(土)開催~

記者発表資料 2018年3月15日

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(東京都港区会長:德川恒孝 以下、WWFジャパン)は、世界で2007年から開催されている世界各地を消灯のリレーで繋ぐソーシャルグッドプロジェクト「EARTH HOUR(アースアワー)*」のイベント『EARTH HOUR 2018@ TOKYO SKYTREE TOWN®』を東京スカイツリータウン®4Fスカイアリーナにて開催いたします。

©TOKYO SKYTREE

会場のEARTH HOUR 2018特設ステージでは、EARTH HOUR 2018サポーターズのさかなクンによるトークイベントや、朝日新聞「未来メディアカフェ 特別版」の実施、「ナショジオオープンキャンパス」でのココリコ田中さんと恩賜上野動物園金子美香子さんによるトークイベント、J-WAVE(81.3FM)の写真をテーマにしたハービー・山口さんによるトークイベント、Michael Kanekoさんによるアコースティックライブほか様々なコンテンツを展開します。そして、EARTH HOURの午後8時30分の消灯に合わせて開催する「EARTH HOUR 2018消灯セレモニー」では、東京、横浜、広島と中継を結び、小池百合子東京都知事、EARTH HOURサポーターズのさかなクン、東京スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃん、WWFジャパン顧問の前田智子さんが消灯のバトンを東京スカイツリーから世界へ繋ぎます。さらに5階のJ:COM Wonder Studioでもナショナル ジオグラフィックとJ:COMでスペシャルイベントを実施します。

EARTH HOUR 2018 @ TOKYO SKYTREE TOWN® 特設ステージプログラム(予定)

全体進行:WWFジャパン顧問 前田 智子

時間プログラム ※雨天の場合は一部プログラムを変更して実施致します。出演者
13:00-13:10 オープニング 前田 智子(WWFジャパン顧問)
13:30-14:00 <環境教育ワークショップ> 日産わくわくエコスクール 今井 正(日産自動車株式会社 グローバル技術渉外部 副部長)
14:30-15:00 <トークイベント>朝日新聞社未来メディアカフェ『あなたの買い物が未来を変える~エシカルと消費とSDGs』 末吉 里花(一般社団法人エシカル協会代表理事)、神田 明美(朝日新聞 科学医療部記者)、上田 壮一(Think the Earth)
15:30-16:00 <トークイベント> ナショジオ オープンキャンパス~上野動物園 ジャイアントパンダ編~ 田中 直樹(ココリコ)、金子 美香子(恩賜上野動物園教育普及課長)
16:15-16:30 <ミニトークイベント>パナソニックの「新」企業市民活動「みんなで"AKARI"アクション」はじまる! 福田 里香(パナソニック株式会社 CSR・社会文化部 部長)
17:00-17:30 <アコースティックライブ> J-WAVE SPECILAL LIVE Michael Kaneko(シンガーソングライター)
18:30-19:00 <トークイベント> さかなクン×WWFジャパン 『さかなクンとサンゴの秘密について学ぼう』 さかなクン(WWFジャパン親善大使)、東梅 貞義(WWFジャパン自然保護室長)
19:15-19:45 <トークイベント> J-WAVE SPECIAL TALK SHOW ~見た人が元気になる写真 ハービー・山口(フォトグラファー)
20:00-21:00 EARTH HOUR 2018消灯セレモニー 小池百合子東京都知事、さかなクン、ソラカラちゃん(東京スカイツリー公式キャラクター)、前田 智子、筒井 隆司(WWFジャパン事務局長)

<ミニトークイベント>大西卓哉宇宙飛行士からのEARTH HOUR Special Message & WWFジャパン活動紹介 (計4回)

前田 智子(WWFジャパン顧問)、渡辺 友則(WWFジャパンC&M室長)、大西 卓哉(JAXA宇宙飛行士)は各コンテンツ前に実施をいたします。※大西卓哉さんは映像を上映

プログラム詳細

<環境ワークショップ>日産わくわくエコスクール

地球温暖化の現状と私たちができることについて、電気自動車の模型を使いながら一緒に学んで考えます。手回し発電機を使って自分で電気を作り、電気自動車の模型を走らせてみましょう!(実験に使った電気自動車の模型はお持ち帰りいただけます)

<トークイベント>未来メディアカフェ『あなたの買い物が未来を変える~エシカルと消費とSDGs』

SDGs(持続可能な開発目標)の取り組みに賛同し、積極的に報道する朝日新聞社のアクション「2030 SDGs で変える」の一環として、未来メディアカフェ特別版を開催します。「EARTH HOUR 2018」とのコラボレーションで選んだテーマは「エシカル消費」。記者と専門家が、環境・社会・人権に配慮した消費について打ち解けた雰囲気で語り、会場の皆さまと議論を交わします。社会課題を「自分ごと」として考えるヒントを提供します。

<トークイベント>ナショジオ オープンキャンパス ~上野動物園 ジャイアントパンダ編~

「深い探求心をもって未知へと挑み続け、人類の知を次世代をつないでいく。」をミッションに、日常では知りえない世の中の面白いことや為になることをわかりやすく伝えていくプロジェクト。今回はEARTH HOUR特別編として、EARTH HOUR 2018の会場から「ジャイアントパンダ」をテーマに、パンダの生態や、上野動物園での繁殖の取り組み、シャンシャン誕生秘話なども交えたトークショーを実施します。

<ミニトークイベント>パナソニックの「新」企業市民活動「みんなで"AKARI"アクション」はじまる!

今年、創業100周年を迎えるパナソニック。1月30日に5年に渡って取組んでいた無電化地域にソーラーラタンを寄贈するソーラーランタン10万台プロジェクトを完遂。4月からスタートする、新たに一般の方々も参加していただける無電化地域などに希望の"あかり"を届ける活動「みんなで"AKARI"アクション」について発表します。

<アコースティックライブ>J-WAVE SPECIAL LIVE

デビュー前から世界規模で注目を集めている話題のシンガーソングライターMichael Kanekoによるスペシャルアコースティックライブをおこないます。

<トークイベント>さかなクン×WWFジャパン『さかなクンとサンゴの秘密について学ぼう』

今年はサンゴ礁の素晴らしさや大切さについてしっかり学び行動をする「国際サンゴ礁年2018」です。WWFジャパン親善大使としてWWFジャパンの沖縄県石垣島のサンゴ礁保護研究センターを訪れたさかなクンと、サンゴの秘密やサンゴ礁に生息する生き物たち、そしてサンゴ礁を脅かす地球温暖化の脅威について、さかなクンのお絵かきを交えながら楽しく学ぶことができるトークショーです。

<トークイベント>J-WAVE SPECIAL TALK SHOW ~見た人が元気になる写真

フォトスポットとしても人気の東京スカイツリー®で風景や夜景の写真撮影のコツや、記念撮影を撮る上で心がけたいことなど、「写真を見た人が元気になる写真」について語って頂きます。

EARTH HOUR 2018消灯セレモニー

2018年、初の消灯参加となる東京スカイツリー®が、EARTH HOURの時刻である20時30分に合わせ消灯をします。消灯セレモニーでは、小池東京都知事とEARTH HOUR 2018サポーターズ代表のさかなクンによるご挨拶ほか、東京、横浜、広島の各イベント会場を結ぶ中継や、会場のみなさんが参加できる光の演出で日本のEARTH HOURを迎えます。

<ミニトークイベント>大西卓哉宇宙飛行士からのEARTH HOUR Special Message & WWFジャパン活動紹介

大西卓哉宇宙飛行士からお寄せいただいた宇宙からみた地球の美しさや、次世代に残してゆくことの大切さをSpecial Messageとして、「人と自然が調和した未来を目指す」をミッションに掲げるWWFジャパンの活動と合わせて紹介します。※大西卓哉さんは映像を上映

会場内ブースのご案内

イベント来場者がブースを回る中で「地球とつながる」方法を、4テーマのブースを通じて見つけ、持ち帰り、日々の生活で起こせるアクションを提案します。

★知ってつながる

環境保全につながるActionを知ることから始めましょう。協賛企業の取り組みの紹介や環境教育のワークショップを行います。WWFジャパンからは帰ってきた旅する60パンダのご紹介をします。インドネシアの森の様子をのぞき見できるコーナーも登場します。また、㈱エコリカ展示コーナーでは使用済みインクカートリッジの回収を行うほか、東京都環境局のブースでは、ご家庭で使用中の白熱電球2個以上を持参した「都内在住の18歳以上の方」にLED電球1個を無料で配布します。

★食べてつながる

日本初のサステナブルシーフードレストラン「BLUE」の協力のもと、海を守る海産物を使った料理をケータリングカーで提供します。休憩スペースで、その場で買って食べてみましょう。その一口が、環境保全につながります。

★買ってつながる

WWFジャパンのオンラインショップ「PANDA SHOP」がEARTH HOUR限定で実店舗を開店します。いつもは手に取れない商品をじっくり見ながらお買い物できます。

★作ってつながる

自宅に持ち帰ってEARTH HOURで消灯する間に灯すオイルキャンドルを作るワークショップを行います。オイルキャンドルで使うオイルは、森を守るパーム油。どうして森を守ることにつながるのかは会場で紹介します。

自然エネルギー100%イベントの実現

  • 太陽光発電で充電した電気自動車「日産リーフ」を蓄電池として会場のエネルギーの一部を供給します。(提供:日産自動車株式会社)
  • テント内の照明の一部はソーラー充電でまかなっています。(照明協力:株式会社モンベル、ランドポート株式会社)
  • 会場内の使用電力は、一部、キリン(株)より提供のグリーン電力証書で充当をしています。

東京ソラマチ®内連動イベントのご案内

EARTH HOUR 2018 in J:COM Wonder Studio 

【開催時間】2018年3月24日(土)11:00~21:00(予定)

プログラム    ※スケジュールや内容は変更になる場合があります。
<WWFクイズ大会>
① 12:00~12:30/②14:00~14:30
<WWFクイズラリー>
① 16:00~16:45/②17:30~18:00
<ナショジオオープンキャンパス~ココリコ田中×さかなクン編~>
19:15~19:30(予定)
本日だけの特別講義が実現!!ココリコ田中とさかなクンのスペシャルトークショー!!
【出演】田中 直樹さん(ココリコ)、さかなクン
※整理券を配布する場合があります。詳しくはwebサイトをご確認ください
<映像上映>11:00~21:00の時間帯で数回放映
ナショナル ジオグラフィック映像/WWF映像

ゲスト&参加アーティストプロフィール

今井正さん(日産自動車株式会社 グローバル技術渉外部 副部長)

1991年、日産自動車入社。入社以来、燃費、排気、リサイクル、化学物質等の自動車環境関連法規業務に従事。2005年から4年間、中国北京駐在。2016年より、小学生対象の環境出張授業『日産わくわくエコスクール』を担当。現在、同スクールを国内外に広めるため日々奔走中。

金子美香子さん(恩賜上野動物園 教育普及課長)

©(公財)東京動物園協会

平成2年から東京都で獣医職として仕事を始める、食品衛生に関する業務にあたったのち、平成9年より都立動物園勤務となる。上野動物園、多摩動物公園で勤務。主に動物園での教育普及業務に携わる。平成27年度より現職。獣医師。(写真:©(公財)東京動物園協会)

神田 明美 さん(朝日新聞 科学医療部記者)

1992年、朝日新聞社入社。社会部、文化くらし報道部などを経て、2014年から科学医療部。10年以上にわたり、生物多様性、森林、気候変動、水産資源、廃棄物など、環境分野を幅広く取材。近年は SDGs(持続可能な開発目標)に新聞記者として向き合い、社会課題に取り組む現場を報じることで、自分ごと化するきっかけづくりを模索している。

小池 百合子 さん(東京都知事)

1952年、兵庫県生まれ。76年、カイロ大学文学部社会学科卒業。アラビア語の通訳者やニュースキャスターとして活躍したのち、政界進出。92年より参議院議員、93年からは衆議院議員を務める。環境大臣や防衛大臣などを歴任し、2016年7月、東京都知事に当選

さかなクン(WWFジャパン親善大使・EARTH HOUR 2018サポーターズ)

多くの皆さまにお魚の情報や正しい知識、おいしい食べ方や環境問題、漁業従事者の方々とともに明日の漁業を考えていただくために全国各地で講演を行っています。また、2010年には絶滅したと思われていたクニマスの生息確認に貢献。さらに海洋に関する普及啓発活動の功績が認められ、「海洋立国推進功労者」として内閣総理大臣賞を受賞。2011年からWWFジャパンの親善大使(WWF顧問)として、各種イベントやセミナーなどへ出演。国際サンゴ礁年2018アンバサダーも務める。

末吉 里花 さん(一般社団法人エシカル協会代表理事)

慶應義塾大学総合政策学部卒業。TBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとして世界各地を旅した経験を持つ。エシカルの普及・促進活動を、日本全国の企業や自治体、教育機関などで展開。著書に、『祈る子どもたち』(太田出版)、『はじめてのエシカル』(山川出版)。消費者庁「倫理的消費」調査研究会委員(2015.5〜2017.3)、東京都消費生活対策審議会委員、日本エシカル推進協議会理事、日本サステナブル・ラベル協会理事も務める。

田中 直樹 さん(ココリコ)

1971年大阪府豊中市生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。1992年にお笑いコンビ「ココリコ」を相方の遠藤と結成。映画「ジョーズ」をきっかけにサメ好きとなり、生き物好きタレントとして多くの動物番組にも出演。2017年7月にリニューアルオープンした静岡県沼津市の「駿河湾深海生物館」名誉館長も務める。

ハービー・山口 さん(フォトグラファー)

1950年東京都出身。23歳の時に渡英、10年間ロンドンに在住中、現地の日本人劇団の役者を経て写真家になる。折からのパンクロックやニューウェーブの時代に触れ、多くのミュージシャンのポートレイトを撮る。写真に込めたテーマは「生きる希望を写すこと」。 写真の他、エッセイ執筆、ラジオのパーソナリティー、さらにはギタリスト布袋寅泰のアルバムには作詞家として参加したこともある。2011年度日本写真協会作家賞受賞。個展著作多数。最新刊は「良い写真とは?」「LAYERED」など。

福田里香さん(パナソニック株式会社CSR・社会文化部長)

パナソニック株式会社に1986年に入社。以降、人事・労政部門にて、パナソニックグループの賃金体系など人事処遇制度の企画・運営に携わる。2002年には退職金・年金制度において日本初の体系を先行導入。これはその後の日本における制度体系の礎となる。2010年からは、東京の渉外部門で人事・総務業務を担当。2014年5月よりCSR・社会文化グループグループマネージャーを務める。2015年4月よりCSR・社会文化部部長。

Michael Kaneko さん(シンガーソングライター)

湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター。ウィスパーながらも芯のあるシルキーヴォイスが話題となり、デビュー前にもかかわらずその声は5,000万人に届くことに。2017年『Westbound EP』をリリース、活躍の場を世界規模で広げている。 http://michaelkaneko.com/

前田 智子 さん(WWFジャパン顧問・EARTH HOUR 2018サポーターズ)

ⓒCHRIS PEPPLER'S OFFICE

J-WAVE ナビゲーター。2011年 Miss Earth 日本代表に選ばれ世界大会でセミファイナリスト、ナショナルコスチューム部門で世界一に。整った顔立ちとバランスの取れたプロポーションを生かし、ビューティーからスポーツウェアのモデルをする他、ピラティスインストラクター、バイリンガルMCとして情報番組からラジオパーソナリティなど幅広く活躍中。JEMAI環境ラベルプログラムのアドバイザリーボードを務め、2017年にWWFジャパン顧問へ就任、ほか数々の慈善事業に公私共に積極的に取り組んでいる。J-WAVE「ZAPPA」好評オンエア中。

イベント開催概要 『EARTH HOUR 2018 @ TOKYO SKYTREE TOWN®』

開催日時 2018年3月24日(土)13:00~21:00 ※雨天決行・荒天(警報発令時)中止
会場 東京スカイツリータウン®4F スカイアリーナ 入場無料
主催 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン) 
後援 環境省、東京都環境局、墨田区、朝日新聞社、J-WAVE(81.3FM)
協賛 日産自動車株式会社、株式会社エコリカ、ソニー株式会社、アニコム ホールディングス株式会社、パナソニック株式会社
協力 東京スカイツリータウン®、キリン株式会社、カロラータ株式会社、株式会社モンベル、 株式会社ジュピターテレコム(J:COM)、ナショナル ジオグラフィック、株式会社レイ、CAROTINO Sdn Bhd
特別協力(EARTH HOUR 2018サポーターズ) 井田寛子、一噌幸弘、大西卓哉、さかなクン、シャンシャン&シンシン&リーリー、ソラカラちゃん、ちばてつや、前田智子、横浜F・マリノス

EARTH HOUR 2018特設ページ

関連情報

問い合わせ先

WWFジャパン プレス担当 山本 Tel: 03-3769-1714 Email: press@wwf.or.jp 

あなたの支援で、できること。たとえば… 地球温暖化を防ぐ WWF会員が25人集まれば、WWFの専門家チームが国際会議の場へ出向き、各国の代表に働きかけることができます。 「あなたの支援でできること」を見る