【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

【動画あり】母親を失ったシベリアトラの仔トラ、再び森へ!

2017年6月19日|山本(亜)

「ロシアのアマゾン」とも呼ばれる世界屈指の豊かさを誇る極東ロシアの森。

ここにまた1頭、野生復帰の訓練を受けたシベリアトラが、森へ帰ったという知らせが届きました。

フィリッパ(Filippa)と名付けられた、メスのシベリアトラです。

沿海地方、ヒョウの森国立公園からほど近いフィリッポフカ村で、国立公園のスタッフが野犬に襲われそうになっていた仔トラを発見したのは、2015年12月29日のことでした。

人里に現れるトラは、怪我や病気などで弱っていることが珍しくありません。

保護された時、推定5カ月だったフィリッパも、母親を失い、衰弱して飢えに耐えられず食べ物を求め村へ現れたようでした。

普通、こうした仔トラは、保護されても命を落としてしまうか、生き延びても一生、人の手で飼われて過ごします。

幼くして母親を失えば、狩りの方法も、森で生きていく野生の力も、身に付けられないからです。

それでも、WWFロシアのスタッフをはじめ、保護に携わる人たちは諦めませんでした。

発見場所

人馴れしないよう細心の注意を払いながら、フィリッパが野生の本能を頼りに自ら草食動物を捕食できるようになるまで、リハビリセンターで訓練を続けたのです。

そして16カ月後の2017年4月29日、ついにフィリッパが森に帰される日が来ました。

場所は、ユダヤ自治州のディチュン野生保護区の森。

美しく、力強く成長したフィリッパは、輸送ケージの入り口が開くと、勢いよくその一歩を踏み出しました。

フィリッパの首に付けられたGPS発信器付きの首輪。ここから送られてくる信号を元に、しばらくその行動や、自然に適応出来ているかどうかを追跡調査します。

最大で540頭といわれる野生のシベリアトラがまた1頭、増えた瞬間でした。

ユダヤ自治州からアムール州への州境にかけては、かつて多くのシベリアトラが生息していました。

私たちはフィリッパがこの地で繁殖し、しっかりと未来に命を繋いでいけるように、日本からも支援を続けてゆきたいと思います。(広報 山本)

関連情報


フィリッパはためらう様子もなくケージから勢いよく飛び出し、森へ帰ってゆきました。

カテゴリ: 山本(亜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前後記事へのリンク


コメントする

最新のブログ記事

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ