ページ内を移動するためのリンクです。

ジュニア会員広場

保護者の方へ

この「ジュニア会員ひろば」は、WWFジャパンが主に子どもたちに向けた、環境問題やWWFの活動についての情報を 発信するためのコーナーです。一人でも多くの子どもたち、ご家族の皆さまに、環境問題をご自身の問題として考えてもらうことをめざしています。

子どもたち自身の未来のために

知識と心のバランスを

世界中で続けられている森林破壊や、近年さまざまな異常気象を引き起こしているともいわれる、地球温暖化。そして、今後ますます深刻になると考えられている水資源の枯渇や汚染の問題。

私たちの身の回りには今、さまざまな、そしてたくさんの「環境問題」についての情報があふれています。子どもたちもまた、学校での授業やテレビ、インターネットなど、さまざまなところから知識と、学ぶ機会を手にしています。

しかし、そこで情報を得た環境問題について、子どもたちは一体どれくらい、それを自分自身の問題として深刻に感じ、受け止めているでしょうか。情報が増え、問題をよく耳にするようになった分、最近環境問題は「常識化」され、むしろ自分たちの危機として不安を感じる感覚が、どこか希薄になっている、そんな懸念を新たに感じることもしばしばあります。

環境問題は単に、勉強して得るためにある知識ではありません。それはいずれ、私たち自身の生活と、未来を脅かす、恐るべき脅威に他なりません。そして、その脅威が本当に肌に触れるほど近付き、身近で起きるようになった時には、すでに打つ手のない、手遅れの状態に陥っている危険が、きわめて高いのです。

活動を応援してください

世界の各地で環境保全に取り組むWWFは、会員や寄付者といった「サポーター」という、有志の方々によるご支援により、活動を展開しています。日本の事務局であるWWFジャパンも、会員制度を設け、ご入会いただいた方から資金や活動についてのご支援をいただきながら、会報誌やホームページなどを通じた情報の発信に取り組んでいます。

WWFでは、身近な世界と遠い場所で起きている問題、そのつながりや、生きものたちが見せてくれる、知られざる世界について紹介しながら、一人でも多くの方に環境問題を自分たちの問題として、真剣に考えてもらうことをめざしています。
皆さまにもぜひサポーターとして、環境問題に取り組むWWFの活動を応援してくださいますよう、お願いいたします。

会員制度について

WWFの活動は、世界各国の方々からお寄せいただいている、ご会費や寄付により行なわれています。WWFジャパンでは現在、未成年の方にご入会いただける、ジュニア会員やユース会員、大人の方にご入会いただける一般会員を募集しています。ぜひ、ご参加ください。
なお、会費としてお寄せいただいたご支援は、WWFの環境保全活動に全て活用されますが、ジュニア会員やユース会員の場合は、会費を低額に抑えているため、活動の現場に充てることのできる寄付分が非常に限られてしまいます。お子さまのご入会をご検討いただく際には、ぜひ大人の方も一般会員へのご入会をご検討ください。

WWFのジュニア会員およびユース会員

ジュニア会員は15歳以下、ユース会員は、19歳以下の方なら、誰でもご入会いただけます。

大人の方のご入会はこちら

大人の方にご入会いただける会員については、こちらの会員制度のページご覧ください。