法人の皆さまへ

現在のご支援・協働の事例

WWFジャパンは、多様な側面を持つ環境問題に取り組むため、広範な分野において専門家と協力しながら、さまざまな活動を展開しています。その活動を支えるご支援の方法や、協働事業のスタイルもまたさまざま。こちらでは、これまでに実現してきた、その具体的なご支援や協働の事例を紹介いたします。

企業とのさまざまな取り組み・支援事例

生きているアジアの森プロジェクトへの支援 

「グローバル・コーポレート・パートナーシップ」に基づき、WWFが東南アジアの熱帯林と野生生物を保全するために行なっている活動を強化すると同時に、新たな活動へと展開するプロジェクトです。

スマトラ・プロジェクトへの支援 

東南アジアの熱帯の島、インドネシアのスマトラ島における森林保全プロジェクトへの支援です。世界的に絶滅が心配される野生生物の生息地でもあります。

黄海エコリージョンの支援 

中国、韓国、北朝鮮に囲まれた、広大な大陸棚を持つ東アジアの海、黄海の生物多様性を保全する活動の支援と推進を行なっています。

沖縄・石垣島白保のサンゴ礁保全活動への支援 

貴重なサンゴ礁ののこる沖縄県石垣島の白保で、地元の住民の方々が主体となった地域の自然環境の保全と持続可能な資源管理の仕組みづくりを支援しています。

ハート・オブ・ボルネオへの支援 

東南アジアのボルネオ島、北ウルセガマ地域において、約1,000haの植樹をと、野生のボルネオオラウータンがすむ森の再生をめざした取り組みを進めています。

企画などに連動した寄付の事例

寄付の事例(**記念など) 

特別な取り組みがない場合でも、会社の記念日やリサイクル活動、日常の業務で発生したものからご支援いただくことも可能です。

商品の売り上げやサービス料金連動した寄付

社会貢献型商品として、商品やサービスの売上に連動してご寄付をお寄せ頂く支援方法です。寄付額の設定はご随意に行っていただくことができます。

アンケート回答や申込の件数に連動した寄付

回答件数や申込件数に連動してご寄付をお寄せ頂く支援方法があります。例えば、アンケート調査の回答件数1件につき**円の寄付など。

ポイント交換や株主優待サービスからの寄付

寄付を意識してポイントの取得を実施することができるポイント数連動寄付や株主優待寄付などによる支援方法があります。

募金活動の支援

広告スペースを利用したご協力

自社媒体の雑誌面や広告スペースをWWFにご提供いただき、その場で環境問題やWWFの取り組みを「知らせる」形で、活動にご協力いただくご支援です。ぜひご協力をお願いいたします。

社員募金および募金のマッチング寄付

従業員の毎月の給与から予め決めている金額を専用口座に引き落とし、半年間、あるいは、1年間まとめて募金していただくお取り組みです。

インターネット等の利用による募金(クリック募金など)

パソコン用の壁紙を販売し、その売上を全額募金るお取り組みです。携帯電話の場合は、待ち受け画面の販売になります。また、販売ではなく、ダウンロードの件数に連動した募金の場合もあります。

店舗での募金 

店頭で募金のキャンペーンを実施されるのも一つの方法です。お客様の参加を促すことで、企業が共に環境保全に貢献する姿勢を示す機会に繋がります。

その他の募金の事例(リサイクル活動還元他)

イベントの参加費やコンサートの入場料を募金するなど、企業の通常の事業ではない活動の場で、募金活動にご協力いただいています。また、フリーマーケットの出展料を募金する、チャリティーオークションの売り上げを募金するなど、様々な機会を活用し募金にご協力いただくケースもあります。