講演:気候変動のリスクと人類の選択/COP21報告:国際交渉パリ合意の最前線から/ワークショップ:Choice!地球温暖化にあなたはどう向き合うのか

2016年1月12日(火)13:30-17:00/横浜情報文化センター6F/主催:WWFジャパン

【本イベントは終了いたしました】ご参加いただき、ありがとうございました。

当日の様子は、こちらのページでご案内しております。(当日配布資料あり)

WWFセミナー in 横浜「Choice! 地球温暖化にあなたはどう向き合うのか」開催報告

 

第一部講演1/気候変動のリスクと人類の選択

国立環境研究所地球環境研究センター 気候変動リスク評価研究室室長

江守 正多(えもり せいた)

プロフィール

1970 年、神奈川県に生まれる。1997年に東京大学大学院総合文化研究科博士課程にて博士号(学術)を取得後、国立環境研究所に入所。「地球シミュレータ」の現場で研究を行うために2001年に地球フロンティア研究システムへ出向し、2004年に復職した後、温暖化リスク評価研究室長等を経て、2011 年より気候変動リスク評価研究室長。
専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。気候変動に関する政府間パネル
第5次評価報告書主執筆者。
著書に「異常気象と人類の選択」、「地球温暖化の予測は『正しい』か? -不確かな未来に科学が挑む」、共著書に「地球温暖化はどれくらい『怖い』か?温暖化リスクの全体像を探る」、「温暖化論のホンネ -『脅威論』」と『懐疑論』を超えて」「気候大異変 地球シミュレータの警告」等がある。2012年度日本気象学会堀内賞受賞。

江守正多

第一部講演2/COP21報告:国際交渉パリ合意の最前線から

世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)
自然保護室 室次長 兼 気候変動・エネルギー プロジェクトリーダー
日本気象予報士会 副会長、昭和女子大学 講師

小西 雅子(こにし まさこ)

プロフィール

神戸大学卒。ハーバード大学院・公共政策学修士
中部日本放送アナウンサーを経て、1997年気象予報士取得、民間気象会社で天気予報及び世界の異常気象に関する環境番組をプロデュース。2002年国際気象フェスティバル「ベスト気象キャスター賞」受賞。世界的な異常気象の増加から危機感を持ち、2005年9月から現職。国連気候変動枠組条約会合参加など国際交渉と、国内のエネルギー&気候変動政策提言に従事。
主な著書に「地球温暖化の目撃者」編著(毎日新聞社2011)「地球温暖化の最前線」著(岩波ジュニア新書2009)など。東京都環境審議会委員、気象業務支援センター評議員など公職多数。

小西雅子

ワークショップ:Choice!地球温暖化にあなたはどう向き合うのか

COP21(国連気候変動枠組条約第21 回締約国会議)の成功は政府・政策に頼るのではなく、地域社会の形成、市民生活の選択が鍵になります。

気候変動の分野で国際的に活躍されている江守正多氏、小西雅子氏を迎え、自らの未来を選択していく学生と一緒に、地球温暖化という困難な課題に、様々な視点や立場からの対話を行い、未来のためにできる取り組みやライフスタイルについて具体的事例をもとに考えていきます。テーマは、「Choice!( 選択)」。

学生を中心に積極的な意見交換や質疑応答を交えながら、地球が抱える大きな課題にどう向き合うべきか、わたしたちの「選択」を紐解いていきます。

会場

横浜情報文化センター

〒231-0021横浜市中区日本大通11番地
TEL:045-664-3737(代表)/ FAX:045-664-3788

MSCとASC

関連情報

WWF気候セミナー