PANDASHOPWWF応援プロジェクト イッカク

活動トピック一覧

新種発見の最新トピック

2016/12/20

メコン川流域で163種の新種を発見!最新報告を発表

2016年12月19日、WWFはメコン川流域での生物調査の結果をまとめた、新しい報告「Species Oddity(奇異なる生きものたち)」を発表。その中で、2015年の1年間に163種の新種が発見されたことを明らかにしました。報告書は、これらの新種の中に、すでに絶滅が心配されるほどに減少している野...続きを読む

2015/10/05

アジアのワンダーランド!ヒマラヤ東部で200種の新種を確認

2015年10月5日、WWFはヒマラヤ東部で、211種の新種を確認したことを発表しました。これはネパール、ブータン、およびインド北東部を含めたヒマラヤ山脈の東部を中心とした地域で、2009年から2014年までの5年間に発見された新種の野生生物の総数です。WWFは同時に、発表した報告書の中で、北ミャン...続きを読む

2011/6/06

10年で600種の新種!「宝の島」マダガスカルの危機

WWFは2011年6月、新しい報告書『宝の島:マダガスカルの新たな生物多様性(Treasure Island: New biodiversity in Madagascar)』を発表しました。危機にさらされているマダガスカルの自然の多様性と、この10年あまりの間に発見された、新種の野生生物についてま...続きを読む

2011/6/02

久米島で新属新種のヌマエビ類を発見

沖縄島の西約100kmに位置する久米島(沖縄県久米島町)沿岸の水深35m程にある海底鍾乳洞で、新属新種のヌマエビ類が発見されました。このヌマエビ類は、2011年2月に実施されたWWFジャパンの「久米島応援プロジェクト」の海底洞窟生物調査で採集され、眼が退化傾向を示すなどの特徴を有しています。ヌマエビ...続きを読む

2010/10/26

アマゾンの新種 10年で1,200種発見!CBD・COP10で発表

南米のアマゾンで、2009年までの10年間に、新たに新種として確認された野生生物の数は、およそ1,200種! 生物多様性条約の締約国会議(CBD・COP10)が開かれている名古屋で、WWFは新たな報告書を発表し、生物多様性の宝庫アマゾンにおける、驚くべき新種発見の事実を発表しました。アマゾンでは過去...続きを読む

2010/4/27

120の新種を確認!ボルネオでの発見続く

東南アジアのボルネオ島、その中心部にあたる「ハート・オブ・ボルネオ」と呼ばれる地域では、近年新種の発見が続いています。同地域は、WWFの呼びかけに応え、ブルネイ、インドネシア、マレーシアの3カ国が、2007年に「ハート・オブ・ボルネオ宣言」に署名し、保全していくことで合意した地域。WWFでは2010...続きを読む