温暖化防止のための寄付キャンペーン「暖かな危機」

WWFの活動

活動トピック

パナマ経由の大西洋クロマグロ取引に無報告の疑い WWFの新たな調査研究で明らかに

記者発表資料 2012年10月31日

【イタリア発】WWF(世界自然保護基金)は最新の調査のなかで、2000年から2010年の間に、原魚換算で18,704トンの加工さ れた大西洋クロマグロが、国際的な漁業管理組織である大西洋マグロ類保存委員会(ICCAT)に無報告のままパナマを経由して取引されていた可能性を指摘 した。その調査によると、経由地として指摘されているパナマの他、スペイン、イタリア、モロッコ、チュニジア、トルコを含む地中海のクロマグロ生産諸国、 および消費国としての日本が関係しているとされる。WWFは、ICCATとこの調査で関与が指摘された関係各国に対して、至急、詳細を調査するよう求め る。

WWF地中海プログラムオフィス水産プログラム代表のセルジ・トゥデラ博士は「これは、IUU(違法、未報告、無規制)漁業取引問題についてのはじめての調査であり、氷山の一角が露見したにすぎない。長年ICCAT自身が認知してきた無報告取引の証拠といえる」と述べた。

公式の貿易統計資料にもとづいて行われた調査では、加工製品14,327トンの大西洋クロマグロがパナマを経由して取引されていたことが判明した。これは原魚だと18,704トンに換算される。

これらのクロマグロはスペイン、イタリア、モロッコ、チュニジア、トルコを含む地中海諸国からパナマに実質輸出され、そして、パナマが13,730トンものこれらクロマグロ加工製品を日本へ再輸出したことが、この調査で明らかになった

指摘されたICCATへの無報告取引は、2003年と2004年で各3000~4000トン/年と最も多く、それほどではないにせよ2010年まで取引が続いていたと思われる。

トゥ デラ博士は「入手可能な記録では、今回の報告書で特定された積荷のICCATへの報告は一切行なわれていなかった。もしこれが事実なら、国連のFAO(国 連食糧農業機関)基準によるIUU漁業由来の取引があったことになり、これは、地球環境に対しての大きな損害となる」と述べた。

調 査が対象とする期間に施行されていたICCATの規則によれば、いかなる大西洋クロマグロの国際取引も、漁獲割当との照合確認を可能とするために、期日通 りに報告しなければならないとあるが、今回の調査研究で言及されている関係各国は全て、ICCATへの無報告の取引のあった当時にはICCAT加盟国で あった。

パナマ経由の無報告なクロマグロ取引が、パナマ税関では記録さえなく、魚が実際にパナマに出荷されることなしに行なわれ た。わかりやすく言えば、パナマ船籍の貨物船とパナマを拠点にする仲介企業により、クロマグロの生産国と最終市場である日本の間でやり取りがされていた可 能性が高い。

ICCATによると、クロマグロ漁業でのIUU取引は2007年が最多で61,000トンあったと推測されている。こ れは法的な割当量の2倍以上に相当する。最近は漁獲高を大きく減少させるという合意が行なわれているが、実際の漁業現場では未だに不透明な取引がおこなわ れているという懸念が拭いきれない。

WWFジャパンの水産プロジェクトリーダー山内愛子は、「ようやく軌道に乗り始めた大西洋クロ マグロの資源回復計画が、IUU漁業やその取引によって阻害されないよう、苦い過去の経験に学び、関係各国と関連流通業界は、より透明性のあるトレーサビ リティと責任ある流通体制の確立にこれまで以上に取り組むべきである」と述べた。

WWFはICCAT、調査で明らかになった関経各国、欧州連合(EU)に対し、WWFが調査研究で指摘したIUU行為の疑いを無視することなく、その事実関係について緊急に、かつ本格的な調査を実施する事を求める。

■問合せ先■
WWFジャパン  水産プログラムリーダー 山内 / 広報担当 大西 tel:03-3769-1713
 

 

あなたの支援で、できること。たとえば… 資源の持続可能な利用を促す WWF会員が125人集まれば、企業が自ら、違法伐採の木材商品を購入していないか、チェックできるウェブサイトを作ることができます。 「あなたの支援でできること」を見る