ページ内を移動するためのリンクです。

活動トピック

魚種別に見る水産資源の現状と問題/タコ

急増する輸入量

日本のタコの漁獲量は1950年代から1970年にかけて急増し、その後、減少し続けてきました。

その減った分を補っていたのが、輸入されたタコです。そして近年は、その輸入量も減っています。原産国で輸出のための漁獲が増え、資源が枯渇してしまったためです。

地球の裏側から

日本へのタコの2大輸出国は、西アフリカのモロッコとモーリタニアです。
かつて圧倒的に多かったモーリタニアからの輸入は、1990年頃をピークに減少。以後はモロッコからの輸入が増えました。そのモロッコからの輸入も、近年急激に減少しています。

このモーリタニアとモロッコの漁獲量を、それぞれ日本への輸出量を重ねてみると、ほとんど一致しているのが分かります。モーリタニアからの輸入量の方が、モーリタニアの漁獲量よりも多い年もあり、データの信頼性にも疑問があります。

モロッコやモーリタニアで獲れたタコのほとんどが日本に来ていたことは明らかで、それが暫らく続いた後は、どちらもタコが獲れなくなってしまいました。日本人が、たこ焼の具や酢だことして、安く大量に食べることにより、ある国の資源を根こそぎ獲ってしまい、次々に違う国や地域を探して開拓していく、という、典型的な事例です。

(C)WWF-Canon/Miche lGUNTHER

(C)WWF-Canon/Miche lGUNTHER

日本のタコの漁獲量と輸入量

モーリタニアが黄色の部分。1980年以前のデータは残っていないが、輸入は行なわれていた。 日本の輸入量も1974年以前はデータ無し。

資料:FAO Fish STAT / 財務省輸入統計

魚種別に見る水産資源の現状と問題

>> サケ   >> タラ   >> ウナギ   >> タコ

>> カニ   >> アサリ   >> マグロ

あなたの支援で、できること。たとえば… 資源の持続可能な利用を促す WWF会員が125人集まれば、企業が自ら、違法伐採の木材商品を購入していないか、チェックできるウェブサイトを作ることができます。 「あなたの支援でできること」を見る

  • 未来のために今、あなたができること

この記事のカテゴリ

こんな問題がおきています

  • 初めての方へ