ページ内を移動するためのリンクです。

活動トピック

マグロの漁獲量と消費量

スーパーで、お寿司屋さんで、和風、洋風さまざまなお店で、日本ではどこでも手に入り、食べることができるマグロ。日本のマグロの漁獲量と輸入量は、ともに世界最大です。

世界のマグロの消費量

日本は、世界で取れるマグロの、実に3分の1を消費する世界一のマグロ消費大国。自国でも多くの漁獲を行なっているほか、台湾や地中海沿岸の国々、またオーストラリアなどから大量にマグロを輸入しています。

2011年の世界の生産量 =195万トン

日本の生産量

(輸出量を引いた量)

22万トン

日本の輸入量

20万トン

日本以外での消費量

153万トン

 

マグロの漁獲量

(FAO FISHSTAT)

日本の消費量

日本で主に刺身マグロとして食べられているのは、クロマグロ、ミナミマグロ、メバチ、キハダ、ビンナガなどのマグロ類です。このうち、世界中でツナ缶として缶詰で食べられているキハダとビンナガ以外の3種については、日本の消費量が、特に高い割合を占めています。

世界全体の消費量に占める、日本の消費を見てみると、おおよそ以下のとおりになります。

ミナミマグロ

世界全体のほぼ100%

クロマグロ

世界全体の約9割

(公式統計に基づく推計値。実際には違法な過剰漁獲が行なわれていたことが明らかになっているので、日本の消費の割合はこの値と異なると思われます。)

メバチ

世界全体の31%

ビンナガ

世界全体の27%

キハダ

世界全体の11%

  • *出典:FAO FISHSTATより20011年データ
  • *FAO FISHSTAT,財務省貿易統計より推計

▼それぞれのマグロのページへ

クロマグロ / ミナミマグロ / キハダ / メバチ / ビンナガ

 

日本で一番食べられているマグロは?

2011年の1年間に、日本で消費されたマグロを、種別に見てみると、下のグラフのとおりになります。

全体のおよそ30%(およそ12万トン)を占めているのはメバチです。メバチは同時に、刺身や寿司としての消費も多く、その70%以上を占めています。

クロマグロやミナミマグロは、トロが喜ばれる高級なマグロですが、最近の漁業資源の乱獲の影響もあり、流通量は全体の1割程度に過ぎません。

比較的安価なキハダやビンナガは、刺身のほか、ツナ缶としても消費されています。

tuna2008.gif

出典:FAO+貿易統計

漁獲、輸入、輸出の変化

マグロは日本で昔から食べられていましたが、冷蔵技術がまだ発達していない頃は、マグロを食べることのできる場所や機会が限られていました。産業としての日本のマグロ漁業が発展したのは、第二次世界大戦後、アメリカの缶詰市場に向けた輸出が盛んになってからです。

日本の漁獲量、輸入量、輸出量

出典:FAO FISHSTAT,貿易統計

1976-1992年:キハダ・クロマグロ・ビンナガ・メバチ・その他のマグロ/1993-2000年:キハダ・クロマグロ・ミナミマグロ・ビンナガ・メバチ・その他のマグロ

今では考えられないことですが、1960年代の日本では、マグロは輸出量が、輸入量を上回っていました。それが、日本の経済成長によって、国内のマグロの消費量が増えてきました。そして、1970 年代になると、輸入と輸出は逆転。特に1980年代半ば以降の円高に伴い輸入が増えるにつれ、国内には安いマグロが大量に流通するようになりました。
そのような中で、最初に資源量が減少してきたのが、トロを多く含むクロマグロとミナミマグロです。この背景としては、トロの需要が急激に高まってきたことがあげられます。

あなたの支援で、できること。たとえば… 森や海を守る WWF会員が1人増えれば、タンザニアで森を再生するための苗木を40本買うことができます。 「あなたの支援でできること」を見る