採用情報

WWFは、国際的なネットワークを通じて、世界の自然環境の保全に取り組む、民間の団体です。「人類が自然と調和して生きられる未来を築く」というWWFの使命はとても大きなものであり、その実現のためには、さまざまな取り組みや仕事、技能が求められます。

現在の募集情報

WWFジャパンでは、職員(スタッフ)および、専従職員、パートタイマー等の定期的な採用は行なっていません。採用は、必要なポストが発生した場合に、このウェブサイト上の「お知らせ」や、メールマガジンなどで告知させていただいております。

WWFで働くということ

WWFのスタッフは、各国の事務局に所属しながら、悪化する自然環境や野生生物の危機などの情報を収集し、必要かつ有効なプロジェクトを考え、海外の仲間たちと共にその活動に取り組みます。

感情に任せた一方的な反対や、科学的に考えて明らかに不可能な取り組みを声高に求めることは、WWFとして選ぶ活動ではありません。

守るべき自然の現場に住む人々を含めた、さまざまな関係者の皆さんと協力しながら、あくまで実際的な解決策を提案し、働きかけを続けてゆく。

そして、多くの人と信頼関係を築き、協力して世界を変えてゆく、それが、WWFの基本的な活動に対する姿勢です。

こうした取り組みを支えるのは、現場のプロジェクト担当者だけではありません。

何より、WWFは各国の支援によって活動している国連などの機関とは異なり、その活動費や組織運営を、多くの方々のご支援(寄付金)により支えていただいている民間の団体です。

活動へのご理解を深め、共感していただき、自然保護とご支援の輪を広げていくこと、そして期待される取り組みを実現するための、透明性のある組織運営も、スタッフに課される大切な仕事です。

スタッフの募集は随時行なっている訳ではありませんが、お志のある方はぜひ、こちらの情報を定期的にチェックしてみてください。

そして、ご自身の志とスキルに合う募集があった際には、ぜひご応募していただければと思います。

 

スタッフ一同、強い気持ちと、実力と、高い志をお持ちの皆さんと共に、ご一緒に働けることを願っています。

スタッフのキャリアについて

自然や野生動物を守る仕事には、いろいろな事が求められます。

現在、WWFジャパンで働いているスタッフの中には、他の環境NGOに在籍していた人や、青年海外協力隊に参加していた人、システムエンジニア、出版社や銀行、広告代理店などで働いた経験のある人、公務員や気象予報士といったキャリアを持つ人もいます。
いずれも、社会や他の組織で培った経験を、今のWWFでの活動に生かしています。

大事なことは、その人が持っている、さまざまな能力や技術を、どうすれば自然や動物の保護に活かせるか?ということです。

こんな仕事に取り組んでいます

スタッフに求められる技能・資格

必要となる技能や資格は、所属部署やプロジェクトにより変わります。例えば、実際の環境保全活動に携わる「自然保護室」では、プロジェクト・マネジメントや海外とのやりとりが主な業務になるため、生物や環境に関する知識や実績、対外的なコミュニケーション能力、語学力が役に立ちます。その他、活動資金の獲得を主な業務とする「サポーター事業室」や、マスメディアやウェブサイトを通じた情報発信に取り組む「広報室」、総務や経理、人事やITを通じて組織全体を支える「企画調整室」があります。

自然保護室

WWFの主目的である環境保全プロジェクトの立案、実施に取り組む部署です。自然環境や、野生動物の保護活動に関する調査・研究を支援したり、海外の研究者と連絡をとったり、また、環境に配慮した紙や木材などを普及させ、市場や企業活動を変革させる、といった活動を行なっています。
プロジェクトにもよりますが、海外のWWFとのやり取りや、現場を訪問するための海外出張も多く、生物や環境に関する知識や英語力、また、企業や行政の関係者と折衝できる交渉力が必要とされます。

サポーター事業室

この部署の活動は、自然保護活動を支えるための資金を集めることです。個人、または法人からのご寄付の受付や、サポーターの募集、そのための窓口サービス業務、WWF会員の方への情報提供、通信販売「パンダショップ」といった多角的な業務に取り組んでいます。
WWFという団体と活動の全てを支え、支援者の気持ちを現場に届ける役目を引き受ける、重要な部署になります。

広報室

WWFが取り組む活動や、自然、野生生物などに関するさまざまな情報をさまざまな媒体を通じて発信する部署です。各種メディアに向けた情報発信や、ウェブサイトや各種SNSなどの管理運用、イベントの企画実施、普及教育などを含めた、多様な業務に取り組みます。自然保護や環境に関する幅広い知識と、取材、執筆、対話、企画力など、発信に欠かせないコミュニケーション技能が求められます。

企画調整室

総務や経理、人事、IT管理などを担当しています。
いずれも、WWFジャパンの事務局が、コンプライアンス上の問題なく、組織としてきちんと運営できるように、事務や管理の業務を行なっている部署です。
こちらも、やはり団体と活動を支える重要な仕事になります。


採用について

募集について

WWFジャパンでは、職員の定期採用は行なっておりません。空席が生じた際には、ウェブサイトやメールマガジンで告知をさせていただきます。

海外からの応募

もちろん可能です。ただし日本にお住まいの方と同じ採用プロセス(時期)となります。E-mailでの書類提出は受付できませんので国際郵便などの方法でお送り下さい。面接に進まれた場合は、電話やSkypeでの対応はできませんので日本にお越しいただく事になります。


待遇について

※雇用形態によって事なりますので詳細は募集要項でご確認ください。

勤務地

東京事務局:ほとんどの職員が東京事務局に勤務しています。
サンゴ礁保護研究センター:自然保護室 海洋グループ 南西プロジェクト担当職員は、沖縄石垣島のサンゴ礁保護研究センターに勤務しています。(WWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」の活動について

休日、勤務時間

東京事務局では土・日・祝日、年末年始がお休みです。休日に出勤する場合は代休を取得していただきます。勤務は業務に応じたフレックスタイム制(コアタイムなし)で、1日の基本的な標準労働時間は7時間30分です。

男女比率

部署により違いがありますが、全体では女性の方がやや多い職場です。すべての待遇において、男女による違いはありません。当然のことではありますが、性別によらず平等に働ける環境になっています。

産休・育休

法定通り取得できます。現在産休・育休中の方や、復職して育児のため短時間勤務をしている職員がおります。

社会保険、有給休暇、残業手当など

制度として完備しています。

入社後の異動・転勤

一般職員はどちらもあります。組織の期待だけでなく、本人の希望、適正などを考慮した上で異動の有無や異動先を決定します。

WWFジャパン スタッフブログ